オメガ3脂肪酸サプリ!

 

オメガ3脂肪酸の効果は優秀!

 

オメガ3脂肪酸の代表格がDHAとEPAです。DHAは主に魚の脂肪に多く含まれる必須脂肪酸で、正式名称をドコサ・ヘキサエノイック・アシッド(ドコサヘキサエン酸)と言います。昔からDHAを摂取すると頭がよくなると言われており、魚に多く含まれることが一時期話題になりました。DHAはオメガ3に分類される脂肪酸で、体内で生成することはできないながらも、細胞を正しく機能させるためには必要な物質です。

 

DHAには赤血球などの血液中の成分を柔らかくし、血管内に流れる血液の通りをスムーズにする働きがあります。つまり、血液をサラサラにして流れやすくしてくれるわけです。また、動脈硬化の原因にもなる悪玉コレステロールの増加を抑え、血管のつまりを予防する働きもあります。これにより動脈硬化などの発症を予防します。

 

さらに、肝臓で中性脂肪がつくられるのを阻害したり、肝臓でつくられた中性脂肪が血液中に分泌されるのを抑制する作用もあります。これにより、中性脂肪の数値を下げてメタボも予防することができます。

 

一昔前と比較しても魚を食べる機会が減少していると言われていますが、これが現代病とも呼ばれる生活習慣病の増加に繋がっているということがかねてから指摘されています。積極的に魚を食べる人とそうでない人では、死亡率が変わってくるとのエビデンスもあるそうです。厚生労働省では、摂取基準としてDHA+EPAを1000mg/日以上摂ることが望ましいと発表しています。

 

DHAは赤血球に働きかける作用を持ち、EPAは血小板に働きかける性質を持ちます。つまり、この2つの物質は、共に血管と血液の健康を保つのに非常に優れた効果を発揮してくれるのです。

 

このEPAとDHAは似たような性質があり、一緒に摂取すると、血液をサラサラにして流れを良くし、血中の中性脂肪や悪玉コレステロールを下げる効果も相乗効果で期待できます。よって、メタボリックシンドロームや動脈硬化などの生活習慣病の予防や改善にも非常に高価があります。

 

EPAとDHAは、共に青魚に多く含まれている必須脂肪酸ですので、魚を食べればこの2つの成分を同時に摂取することが可能です。少し食べたり調理するのが難しく、敬遠されがちな魚ですが、意識的に摂取するようにすると将来違いが出てくるでしょう。

 

認知機能・学習能力がアップ

 

「魚を食べると頭が良くなる」という話を聞いたことはありますか?魚を食べると、オメガ3脂肪酸の働きによって脳が活性化し、そのために勉強などの成績が良くなると言われています。

 

この言葉が出るもととなっているのは、DHAという物質が注目され1990年代の後半だと思われますが、その後2002年にヒットした『おさかな天国』の歌詞中に登場したことで再び認知されたように思います。頭の中から離れないこの歌の歌詞とメロディが思い出されたという方も多いのではないでしょうか。

 

この曲がかかっていると鮮魚コーナーの売上が上がるという話まで、都市伝説のようにささやかれていましたから、その影響力がわかるというものです。しかしながら、売上の変化は別として、この「魚を食べると頭が良くなる」ということにはれっきとした根拠があるのです。

 

このことをより正確に表現するならば、「魚を食べると、記憶力や学習能力が高まる」ということになるでしょう。そして、その効果をもたらす役割を果たすのは、紹介しているオメガ3脂肪酸になります。オメガ3脂肪酸の成分であるDHA(ドコサヘキサエン酸)には、血中の中性脂肪やコレスレロールを低減するなどの働きがありますが、このDHAは脳にもよい効果があることが冒頭にも話した通りわかっているのです。

 

DHAが体内に取り込まれ、脳に到達すると、ニューロンやシナプスなどの神経細胞を柔軟にする働きをしてくれるのですが、すると、神経伝達物質の往来が活性化し、脳内の情報伝達ネットワークが強化されて、記憶力や学習能力が高まるという仕組みになっています。

 

人間の脳というものは、約60%が実は脂質で構成されています。そして、その脂質中の4〜5%がDHAで、特に記憶や学習機能を司る海馬という部位には他の部位の2倍以上のDHAが存在していることが研究を通じてわかってきています。ですから、どんな脂質を取るかということは脳に重大な影響を与えるのです。

 

また、ある研究データでは、脳内には常にオメガ3脂肪酸が20%以上必要だという結果が出ているそうです。それ以下になってしまうと、神経細胞が正常に作動しなくなり、脳の働き、つまり頭の回転が悪くなって記憶力や学習能力に悪影響が出ると結論づけられています。

 

そればかりか、脳内にオメガ3脂肪酸が不足した状態になると、神経伝達に障害をもたらし、アルツハイマーや認知症、ADHD(注意欠陥多動性障害)といった深刻な病気をもたらす可能性もあるのです。逆に言えば、オメガ3脂肪酸を摂取することでこうした病気の予防や改善に繋がる可能性を期待されています。

 

オメガ3脂肪酸を摂取することが、どれほどいいことかと感じられますよね。以上の通り、「魚を食べると頭がよくなる」というのは、ちゃんとした根拠、魚に含まれるオメガ3脂肪酸が脳や神経伝達を活性化させる働きというものがあるのです。こうした働きをするオメガ3脂肪酸が脳で枯渇してしまわないよう、日々の食生活の中でもしっかり取り入れるようにしていきましょう。

 

脂肪肝の予防に

 

オメガ3系脂肪酸といえば、血流を促進する働きが一番知られていますが、オメガ3で脂肪肝を予防することもできます。

 

オメガ3系脂肪酸も脂ですから、かえって脂肪肝を促進するのではと危惧する方もいるかもしれません。しかしご安心ください。この脂肪酸は血液中の中性脂肪やコレステロールなどを低下させる効果があるのです。有名な血液がサラサラ効果は、先の効果から来る結果なのです。

 

脂肪肝というのは内臓に脂肪が溜まってしまった状態です。脂肪肝になると肝機能が低下し、肝硬変や肝臓がんなどの重大な病気を併発する危険性が高くなります。

 

この脂肪肝の原因と言われているのが、現代の食生活。たとえば、アルコールの飲みすぎや、高カロリーな食事にその原因があると言われています。それによって、中性脂肪が異常に増大してしまうケースが多く、これも脂肪肝だけでなく様々な病気の引き金となっているんですね。

 

オメガ3系脂肪酸には様々な働きがあって、生活習慣病や、そこからつながる重大な病気の予防にも効果があるということで注目を集めています。また、エイジングケアやダイエットにも効果があるといわれているので二重にお得ですね。

 

DHAやEPAなどのオメガ3系脂肪酸は中性脂肪などの脂質を低下させてくれるだけでなく、脂肪肝を代謝して減少させていく働きもあります。

 

オメガ3系脂肪酸は体内の余分な脂肪を燃焼させる働きがあって、これに伴って中性脂肪の合成を抑制してくれるのです。

 

その結果、肝臓に溜まっている脂肪を減らし、末梢の脂肪組織までも小さくします。こうしたメカニズムで脂肪肝の予防・改善を行ってくれるのです。ということで、脂肪肝でお悩みの方は動物性の脂質を抑えて、オメガ3系脂肪酸を積極的に摂取することをオススメします。

 

オメガ3系脂肪酸を多く含む食品の代表としては青魚です。脂の中にオメガ3は含まれるので、お刺身などできるだけ生食が良いでしょう。とはいえ毎日お魚を食べるのは簡単なことではないので、その他のオメガ3を豊富に含む食材、クルミやえごま油などを食事の中に取り込んでいくと良いでしょう。一番手軽なのは、少々割高ですが、オメガ3のサプリメントを摂る方法もあります。

 

アトピー・アレルギーに

 

近年、アレルギーやアトピーで悩んでいる人が非常に多くなっています。その原因の一つとして、現代の食生活やストレスがあると言われています。

 

今では外食やお弁当はもちろん、家庭でも出来合いのお惣菜を買ってきたり出前を摂ったりして、家庭内での調理が減っているのですが、そういった食事だとついつい油を多く摂取しているんですよね。

 

実はアレルギーやアトピーを引き起こす原因は、この油にあるとも言われているんです。ご存知でしたでしょうか?油とひとことで言っても、脂肪は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分類されます。この二つの脂肪酸をさらにざっくり分類すると、飽和脂肪酸は、動物性油やバターなどで、不飽和脂肪酸は植物油などです。

 

不飽和脂肪酸の中には、オメガ3系脂肪酸、オメガ6系脂肪酸、オメガ9系脂肪酸が存在ます。特にこの、オメガ3系脂肪酸とオメガ6系脂肪酸の摂取バランスが悪いと、アレルギーやアトピー症状の原因となってしまうと言われています。

 

オメガ3系脂肪酸は、人間には作りだす事の出来ない必須脂肪酸で、食事から摂取するしかありません。このオメガ3脂肪酸はサバやイワシ等の青魚に多く含まれていて、また、植物系ではエゴマやシソ、亜麻仁油などに豊富に含まれています。また、クルミにも多く含まれていることが確認されています。

 

オメガ6系脂肪酸は、紅油やコーン油など普段私達がよく利用している植物油の中に含まれています。現代の食生活において、このオメガ6系の方が多く摂られていると言われていて、こちらを多く摂りすぎてしまうと、血液がドロドロになったり、炎症を引き起こしやすい体質になってしまうそうなのです。

 

逆に、オメガ3系脂肪酸は血液をサラサラにし、アレルギー症状を緩和させる作用があるので、オメガ3脂肪酸を増やしていくことが求められます。

 

勘違いしてはならないのは、だからといってオメガ6を減らすことはできないということです。オメガ6脂肪酸も必須脂肪酸のひとつで、無くてはならないものなのです。要は摂取量のバランスの問題。アトピーの改善を考えた際には、オメガ3の摂取量を増やして、オメガ6を減らせばよいのです。

 

オメガ3の効率的な摂取方法としては、青魚などを積極的に食べる、サプリメントを利用する、オメガ3を含む植物油を直接食べたりドリンクに混ぜたりドレッシングとして利用する、などがあります。アトピー対策に薬を塗るのもよいのですが、日ごろの食生活を見直し、体質改善を目指してみてはいかがでしょうか。

 

オメガ3脂肪酸が含まれる食べ物を摂ろう

 

オメガ3がこのごろ注目を集めていますが、どのような食品にこの栄養成分は含まれているのでしょうか。オメガ3を含む食品を大きく4つの種類に分けて、それぞれの特徴や含有量、効果的な食べ方について、整理しながらご紹介していきたいと思います。

 

オメガ3脂肪酸は、中性脂肪や悪玉コレステロール低減など、健康によい効果をもたらすものとして注目を集めています。手っ取り早く摂取するにはサプリメントですが、あくまでサプリメントは補助食品。こればかりに頼ると栄養のバランスも崩れやすくなってしまいます。

 

とはいえ、どの食材にどれだけの量が含有されているかまで詳しく知っている人はほとんどいないでしょうし、それを食事に取り込むのも相当な知識が必要です。ですから、まずは知識からつけていきましょう。実は、難しい食品ばかりではないんです。

 

例えば魚類は、オメガ3脂肪酸の摂取源として比較的知名度が高いのですが、魚であれば青魚がいいと言われています。青魚はオメガ3脂肪酸を語る上でよく登場するメインの食品になります。ただ、毎日お魚ばかりは食べられないので、他の食品群をうまく組み合わせてオメガ3を摂取する必要があります。

 

また、ナッツ類もオメガ3脂肪酸を含むことで知られていますが、実はそうでもないのです。というのは、大部分のナッツ類はオメガ3脂肪酸を含んではいますが、その量は非常に微々たるものなのです。しかし、ひとつだけ例外的に、オメガ3脂肪酸を豊富に含むものがあります。それがくるみです。

 

また、一般的な知名度は低いものの、オメガ3脂肪酸の摂取に有効として、近年注目されている油脂類が亜麻仁油やエゴマ油と呼ばれる植物由来の油で、これらも直接食品として使われたり、加工食品やサプリメントで使用されるようになってきています。どちらも植物由来の油ということもあり、共通点も多いのも特徴です。

 

どのような食品にオメガ3が含まれるのか、おおまかに傾向がわかっていれば意識してその食品群を選ぶことができます。あまり意識しすぎると献立が制限されるので、まずは大まかにわかって日々の食事の中のオメガ3を増やしていきましょう。

 

亜麻仁油・えごま油は酸化に注意

 

実はえごま油と亜麻仁油というのは非常に熱に弱く酸化しやすいという性質があります。酸化してしまうと味も変わって、害のある油になることがありますので、非常に注意しなければいけません。ただ、どのくらいの温度で酸化することが出来るのかについて説明します。

 

では、酸化する温度に関してですが、情報は色々とあり70度からというものもあれば140度以上というものもあり大きく差があります。料理に加える場合も熱くても大丈夫だという情報もあれば、ある程度冷やしてからという情報もあります。

 

では温度のことだけではなく、それ以外に酸化する条件があるのかというと、実は温度だけではなく開封から経過した時間や日光などによって酸化するということもわかっています。ただ、開封すれば酸素に触れますので、しょうがないことですし、開封後1ヶ月までは大丈夫だと思われます。

 

しかしもちろん開けっ放しにしたりすれば酸化が早まってしまいますので注意するようにしましょう。さらに太陽の光に当たることによって酸化してしまいますので、冷蔵庫などで保管するようにしましょう。

 

そのことで言えるのは40度〜50度であると考えられます。基本的には熱に弱いので、料理をする上で使わないようにしたり、そのままサラダのドレッシングでつかったりそのまま摂取したりということをオススメします。

 

ただ、摂取する上で胃もたれしたりするということも考えられますので、胃腸が弱いという方はサプリメントなどを活用するようにしましょう。

 

オメガ3脂肪酸は1日どれくらい量とればいい?

 

オメガ3脂肪酸というのは健康な身体を維持する上で必要なものでありますが、実際にどういう成分であり、さらにどういった働きがあるのかについて説明します。

 

ちなみに最初に説明しますが、オメガ3脂肪酸の一日の摂取量目安に関して、厚生労働省が発表しているのは成人男性が2.0gであり、成人女性が1.6gとなっております。

 

そしてオメガ3脂肪酸のバランスに関しても知っていてもらいたいのですが、そもそも脂質というのは非常に生きていく上え重要なものですが、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸があり、飽和脂肪酸というのは肉や乳製品などの動物性脂肪、そして紅花やオリーブ、亜麻仁、えごまなどの植物性脂肪が不飽和脂肪酸となります。このバランスが非常に重要であるということを覚えておきましょう。

 

ちなみに悪影響を及ぼすのは飽和脂肪酸であり、体内で合成できる脂肪酸であり、一方の不飽和脂肪酸というのは体内合成が出来ない食品にあります。さらに不飽和脂肪酸にはオメガ3、オメガ6、オメガ9などがあり、その中でもオメガ3とオメガ6のバランスというのが最重要になります。

 

理想的なバランスに関してはオメガ3とオメガ6が1:4ですが、現代社会の食生活においては1:10〜40と大幅にオメガ6の摂取量が上まっています。ですので、オメガ6を過剰に摂取している方は減少させてオメガ3を積極的に摂取するようにしましょう。とにかくバランスということを常に頭にいれておくことが大切です。

 

ちなみにオメガ3に関してはイワシ、サンマなどの青魚やエゴマ油や亜麻仁油などの植物性の油にも含有されておりますのでそういったものを積極的に摂取してみてください。

 

妊婦さん、お腹の赤ちゃんにもオメガ3脂肪酸は良い!

 

年齢を重ねるにつれて健康でいたいという気持ちが出てくると思いますが、健康を意識する上で切っても切れないものといえば、当然食生活になります。食事というのは生きていく上で非常に重要になりますが、しっかりと栄養のことを考えて摂取していますでしょうか。あらゆる栄養がありますが、その中でも重要なのがオメガ3系脂肪酸であり、これは人間にとって非常に必要な脂肪になります。

 

ちなみにオメガ3系脂肪酸は飽和脂肪酸と呼ばれており、細胞を新しく生まれ変わらせるという働きもあります。ですので、健康だけではなく美容などにも非常に効果があるものと考えていていいでしょう。また含有されている食品に関しては青魚やナッツ類などに豊富に含有されているということを覚えておきましょう。

 

そして今回は妊婦にもオメガ3系脂肪酸が効果があるという話をします。どうして妊婦に効果的なのかというと、まず一つは胎児がいますので、胎児の細胞を活性化させる必要がありますが、その中でも脳の発達が最重要であり、それによって胎児の健康状態が決まるといわれています。

 

そこでオメガ3系脂肪酸を摂取することで、これは細胞の生成を助ける働きがありますので胎児の脳の発達を促進させることに繋がるということになります。つまり、胎児が健康に育つ上で少なからずオメガ3系脂肪酸は効果があると考えていていいでしょう。また、サプリメントでもありますが、サプリメントで摂取する際に関しては事前に医師に相談するようにしましょう。